• BUYMAからのメルカリ転売のリサーチ方法

    この記事は2分で読めます

     

    昨日は子犬を散歩している女の子が僕の目の前で車にひかれそうになりました。

     

     

    マジでひかれると思って無意識の内に大声で「あぶないっ」って叫んでいました。

     

    人間って、ああいう時って条件反射で大声がでるんですね。

     

    自分でもびっくりしました。

     

     

     

    ああいう時って本当にスローモーションで見えるんです。

     

     

     

     

     

     

    結果的に運転手が運転が上手くて間一髪でよけきり、女の子は無事でした。

     

     

     

     

    運転手さんがスマホなんていじっていたら完全にアウトだっと思うとぞっとします。

     

     

    スマホいじって運転は絶対に駄目ですね。

     

     

     

    さて、前回の記事でBUYMA転売について少し触れました。

     

    それがこちら。

    ↓↓

     

    バイマからのメルカリ転売!?なんなん?

     

    BUYMAからのメルカリ転売はやはり簡単!

     

     

    この記事を読んだ読者さんからリサーチ方法について質問を頂きました。

     

     

    なので簡単に解説していきます。

     

     

    BUYMAからのメルカリ転売では具体的転売商品をしぼっていきません。

     

     

    アパレルはトレンドが早いのでね。

     

     

    なのでメルカリで過去に売れた商品をリサーチしてBUYMAで探すという事はしません。

     

     

     

    ではどうやって転売商品をリアーチして出品していくのでしょうか!?

     

     

     

    それはメルカリで過去に売れた商品のアイテム、ブランド、テイストをみていきます。

     

     

    価格はあまり気にしないでください。

     

    価格を気にしない理由は価格差がある商品をリサーチして出品する手法ではないからです。

     

     

    トレンドをリサーチする事が重要です。

     

     

    トレンドをエクセルやスプレッドシートなどでまとめた後は、そのトレンドにある商品をBUYMAで探していきます。

     

     

    セール商品からリサーチする事をおすすめします。

     

     

    セール商品からトレンドにマッチする商品が見つかったら、その商品に利益がでる価格を設定してメルカリで出品します。

     

    簡単にいうと、価格差は自分で作り出すって事です。

     

     

    いかにトレンドをしっかりリサーチして、そのトレンド商品をセール品から探す。

     

     

    たったこれだけです。

     

     

     

    BUYMAからメルカリの転売の発想は普通あまりよね。

     

     

    これだけは覚えていてください。

     

     

    BUYMAとメルカリのユーザーは別もの!!

     

     

     

    PS

    僕が情報発信を始めたのが4年前位。

     

    その頃一緒に情報発信をはじめた物販仲間が9人。

    そして今継続している人はなんと僕だけ・・・。

     

    すごい世界だ。

    やっぱり継続って簡単な作業だけですごく難しい作業。

     

    なんか矛盾しているけど、この表現が一番しっくりくる。

    お金を稼ぐだけの理由で情報発信する人は

    継続できない。

    これは間違いないな・・・と最近感じていますわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1

     

    LINE@で有益な情報を日刊配信中!

    111

    登録はこちらから

    ↓↓↓

    スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから登録!

    → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索を!

    ※LINE@でメッセージのやり取りができます。

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。