• 欧州Amazon輸出戦略!関税VOL2

    この記事は1分で読めます

    KOYAJIです。

    最近おもしろいサイト情報をゲットしましたのでシェアします。

    その名はschooってサイトなんですが知ってます!?

     

    簡単に説明するとデザイン、プログラミング、マーケティング、スタートアップ、英語などのコンテンツを

    無料で学べます。

     

    僕が興味あるのでスタートアップですね。

    日本のスタートアップシステムはシリコンバレーと比べて20年遅れていると言われていますが、安部首相がこの分野に

    本気で乗り出し始めましたので今後が楽しみです。

    興味ある方は是非覗いてみてくださいね。

    さて前回の続きです。

    欧州Amazon輸出で注意すべき事とは!?VOL1

    欧州Amazonではアメリカと違って関税、消費税などについてバイヤーへの事前通知はポリシー違反である事を

    お伝えしました。

     

    では無在庫販売でこの問題を回避するにはどうしたら良いのか!?

    はい、答えは『事前回避方法はなし』です。

    え~、KOYAJI・・・どうするんだよ!?

     

    つまり、事後対応するしかないんですW

    こればっかりは仕方ありません。

     

    ちなみに関税元払いなどの手続きで配送することは可能ですが、かなり割高なので現実的ではありまぜん。

    ではどうするのかを具体的にお話していきます。

    流れを確認してみましょう!

     

    ①商品発送

    ②バイヤーに商品が届く

    ③関税等が発生しバイヤーから連絡がくる

    ④12時間以内に連絡(できれば1秒でも早い方がいい)

     ↓

    ⑤関税対応しバイヤーへ連絡

    ⑥ネガティブフィードバックを受けずに完了

     

    流れとしてはこんな感じです。

    特に重要なのが④と⑤です。

    次回は④について具体的に解説していきます!!

    ではまた!

     

    欧州Amazon輸出戦略!関税VOL3はこちら

     

    アマゾン国内転売記事一覧はこちらからどうぞ


    55  バナー

     

     

     

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 友だち追加

    LINE登録で豪華特典プレゼント実施中!

    1 動画コンテンツを無料でつくる方法

    2 投資で9割の確率で勝つ方法

    3 おすすめ中国輸入代行業者

    4 国内転売ツール10選

    5 ネットビジネスおすすめツール厳選20

    6 Amazonでネガティブ評価を貰わない方法

    7 仕入れ0円転売

    8 トレンドアフィリエイトで稼ぎやすいジャンル

    LINEで気軽にやりとりしています。

    質問もLINEからどうぞ!

    遠慮なく何でも聞いて下さいね!

    プロフィール

    ネット転売からスタートしました。現在は様々なネットビジネスに挑戦しています。収入の柱を増やす事に日々チャレンジ中の40歳のおやじです。最近はおいしい鰹節探しにプチハマりしています。

    ★趣味
    サッカー(歴36年)
    波乗り(歴22年)

      ★好きな食べ物
    焼肉
    ラーメン
    鰻の肝

      ★好きな映画
    ワイルドスピード

      ★好きな音楽
    MXPX
    ジャック・ジョンソン

    ★得意分野
    不動産