• Amazon輸出FBA 納品先取りまとめサービス

    この記事は2分で読めます

     

    こやじです。
    今日の名言は西武グループ創始者である
    堤康次郎氏の名言をご紹介します。

     

    『すべて成功するには、失敗の原因を外に求めず、
    己に求めることが大切である』

     

    では本題にいってみましょう!


     

    LINE@の仲間を大募集中です!
    スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから。
    → http://line.me/ti/p/@cjm7335q
    PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!
    LINE@でのメッセージのやり取りがすごく便利ですので、
    聞きたいことなどあれば、気軽にメッセージください!!
    おいしい情報も飛び出てしまうかも!?


     

    ●Amazon輸出FBA納品で気をつける事とは!?

    先日読者さんから
    『Amazon輸出FBA納品』について以下の問い合わせを頂いたので
    情報シェアしていきたいと思います。

     

     

    それにしてもSさんのスピード感がすばらしい!
    伝えた事をすぐに実行に移す行動力は最高です!

     

    そんなSさんからの質問は以下になります。
    ↓↓↓↓↓


     

    こやじさん

    こんばんはSです。
    昨日はどうもありがとうございます。

     

     

    早速今日ダイソーでおりがみと売れ筋のシリコンフェイスマスクを

    10個ずつ仕入れました!

     

     

    今FBAの出品と出荷の準備をしていますが、セラーセントラルの

    ラベル貼りオプションを設定したら、何もせずに商品をただUS Amazonへ

    送るだけでいいんでしょうか?

     

    グーグルで調べたのですが、少し心配だったのでお聞きしました。

     

     

    あと、FBAをするにあたって注意することはありますか?

    よろしくお願いします。

     


    海外FBA納品で注意するべき事を数回に分けていくつかご紹介していきます。

    ●注意点
    ・納品先の取りまとめサービス
    Inventory placement Service

     

    アメリカのFBAに1つの商品を20点納品しようとすると
    同じ商品なのに全米の数箇所に納品先が指定される事があります。

     

     

    これはAmazonが商品の需要に対して最適なエリアに在庫を
    計算して分けている為です。

     

     

    商品は分けて納品を行った方が売れやすくなる場合もあると思うんですがこれって
    納品時の送料がかなりかさみますよね。

     

    これを回避するのに納品先の取りまとめサービスを

    申し込みことで納品先を可能な限り取りまとめることって事が

    可能になるんです。

     

     

     

    しかも1点あたりたったの0.3ドルの費用で手続きできちゃいます。

     

    でもこのサービスを利用してもカテゴリー、サイズ、高価な商品等に応じて配送先が
    わかれる場合がありますが、これはもうどうしようもありません。
    Amazonの判断に委ねるしかないですねW

    ではまた!

     

    Amazon輸出FBA 混合在庫サービスは要注意!! はこちら


    アマゾン国内転売記事一覧はこちらからどうぞ


    55  バナー

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 8
    1
    %e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

    プロフィール詳細

    ■□■ 主 な 経 歴 ■□■
     
     
    2013年 海外ネット通販を副業で開始。
        (ebay、Amazon)
    2013年 開始7ヶ月後に月収100万円を達成。
     
    2015年  販路拡大開始。
        (中国輸入・国内転売・海外ネットショップ) 
    2015年 情報発信開始
     
    2016年 物販コンテンツ販売開始
     
    2016年 物販アドバイザーとして日本各地を     まわる(企業&個人対応)
         
    2016年 超少人数制ゼミナーを開始。
     
    2016年 生産者サポート事業開始
     
    2017年 「小ヤジのシークレット道」始動
     
    ※『個の力を身に付けて老後も稼ぎ続ける』をテーマに情報発信しています。
     
    趣味:波乗り、ラーメン食べ歩き
     
    好きな食べ物:肉、ラーメン、白子ポン酢、鰻の肝、八目鰻
     
    好きなミュージシャン:ジャックジョンソン, MXPX
     
    好きな旅先:ハワイ
     
      hfkMxkT0_400x400
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る