• Amazon輸出無在庫販売で在庫切れの場合の対応Part2

    この記事は2分で読めます

    1

     

    8月5日からいよいよリオオリンピックが始まりますね〜。

     

    日本はまだあまり盛り上がっていないからオリンピックが開催される実感がないけど始まったらそれなりに盛り上がることでしょう。

     

    僕はやっぱりサッカーが気になりますね。

     

     

    オーバーエイジが加わって、チームが機能するのか!?

     

    重要なのは間違いなく守備。

     

     

     

    守備が安定しているチームはこういった大会では勝ち上がる確率が高い。

     

    まずは予選突破ですね。

     

     

    そういえば最近ドレスコードを指定するセミナーが増えているけどなにか流行りなのかな!?

     

     

    さあ、本題です。

     


    ■大好評 LINE@で無料相談受付中

    111
    LINE@限定でゲリラ的に無料スカイプ相談も開催しています。

    スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから登録をお願いします! → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!


    1

    昨日の「Amazon輸出無在庫販売で在庫切れの場合の対応」の記事について質問を頂きました。

    質問内容

    ↓↓↓

    「この手法は自己発送セラーでなく、FBAセラーから仕入れても問題ないでしょうか!?」

    というもの。

    結論としては問題はありません。

    では、解説していきます。

    FBAセラー仕入れてバイヤーへ発送するとどうしても避けられないのが納品伝票。

    一番気になるのは販売価格とショップ名ですよね。

    でも、よく考えてみてください。

    あなたがAmazonで商品を購入した時に、商品が届いて納品伝票ってイチイチ内容を確認しますか!?

    しませんよね。

    つまり、あなたが思っている程気にすることはないってことです。

    これはちょっと荒技ですが、アカウントを守る為の1つの方法ですので頭の隅でも入れておいてください。

    引き出しは多ければ多い程いいです。

    ebayだとPayPal登録住所に発送しないといけないけど、Amazonはそんなことがないんのでこの対応が可能です。

    是非参考にしてみてください。

    1

    • 2016 07.25
    • Amazon輸出無在庫販売で在庫切れの場合の対応Part2 はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。