• Amazonの顧客を自社ネットショップに誘導する方法

    この記事は3分で読めます

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone

     

    超一流企業のマッキンゼー(コンサル会社)が社員教育に「読んだら3倍考える」ことを徹底して説いているというニュースを目にしたのでちょっと紹介しますね!

     

    一部記事を抜粋

    ↓↓↓


     

     

    本やネットなどから得た情報は、自分なりの考えでアウトプットしてこそ価値ある情報になる。

     

    アウトプットを意識的に行うことで脳が鍛えられ「正解のない問い」に取り組む力が形成される。

     

    これを繰り返すことにより、新卒2年目でも世の中の現実課題に対して答えを提案できるようになる。

     

    自己解決力を伸ばすためには、まず「WHY」と問いかけ、自分で考えるという機会を増やしていくことが重要。

     


    これを見てあなたは何を感じます!?

     

    おそらく僕が欲も野望もないサラリーマンだったら完全スルーしている内容なんですが、今の僕には脳に『超ビンビン』感じています!!

     

    マジで腑に落ちる。

     

    この内容を毎日実践していたら、サラリーマン時代にかなり力がついただろうな~って思います。

     

    仮にサラリーマンになったら、部下にガチでこの内容で教育しますね。

     

    この内容で教育された人は、どこの業界に行っても通用する人間になると個人的には思います。

    僕もこんな教育されたかった~。

     

    与えられた仕事をこなすだけでは力はつきません。

    やっぱり自分で物事を常に考える。

     

    これってすげ~重要だよね!

     

    僕も改めて意識改革します。


     

    LINE@の仲間を大募集中です!
    スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから。
    → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!
    LINE@でのメッセージのやり取りがすごく便利なのでで、聞きたいことなどあれば、気軽にメッセージください!!

    LINE@経由での音声回答も好評です。
    LINE@では無料スカイプ相談などもゲリラ的に開催しております!


     

    Amazonの顧客を自社ネットショップに誘導する方法

     

    Amazon販売のデメリットとして、顧客リスト(メールアドレス)が取得できないことが上げられます。

     

    顧客リストって、ネットショップを運営している人ならわかると思いますが超重要です。

    めちゃくちゃGETしたい情報なわけです。

     

    理由はプッシュ型営業、つまり攻めの営業ができるんですよね。

     

    顧客リストが増えていくと、売上は安定していきます。

     

    ebayなんかは、顧客リストが取得できるので直接取引やネットショップ誘導が可能なわけです。

    残念なことに、顧客リストを活かせているebayセラーはかなり少ない。

    これ、マジでもったいない!

     

    顧客セールスをやっていないebayセラーは是非取り組んでみてください。

    1回のメールで売上が上がる可能性があるならやりますよね!?

     

    話をAmazonに戻します。

     

    Amazonの場合は顧客リストがとれないのでDM(ダイレクトメール)で自社ネットショップへ誘導する必要があります。

    Amazonサービス内で誘導することはポリシー違反になりますのでやめましょう!

     

    できれば属性は絞って方がいいですね。

     

    フィギュアを販売したバイヤーに化粧品のネットショップの案内を送っても効果はかんり薄いです。

     

    具体的にどうするかと言うと、発送時にDMを商品に同梱して発送します。

    代行業者を利用している人は、代行業者へ同梱サービスがあるか確認してみましょう。

     

    FBAセラーは、定期的に顧客データをまとめから別でメール便でDMをおくります。

     

    ただ単純にDMを送っても効果は薄いので以下のことを意識してください。

     

    ・Amazonで販売した商品とネットショップの属性が同じもしくは近い

    ・ネットショップで購入した際の特典、サービスをつける(クーポン・ノベルティなど)

     

    リピート戦略はすごく重要です。

    是非参考にしてみてくださいね!

     

    アマゾン国内転売記事一覧はこちらからどうぞ


    55  バナー


     

     

     

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone
    • 2015 11.29
    • Amazonの顧客を自社ネットショップに誘導する方法 はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 6
    8
    8868146410 %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
    1
    %e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
    友だち追加数 http://line.me/ti/p/@cjm7335q PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!

    プロフィール詳細

    ■□■ 主 な 経 歴 ■□■
     
     
    2013年 海外ネット通販を副業で開始。
        (ebay、Amazon)
    2013年 開始7ヶ月後に月収100万円を達成。
     
    2015年  販路拡大開始。
        (中国輸入・国内転売・海外ネットショップ) 
    2015年 情報発信開始
     
    2016年 コンテンツ販売開始
     
    2016年 物販アドバイザーとして日本各地を     まわる(企業&個人対応)
         
    2016年 超少人数制ゼミナーを開始。
     
    2016年 生産者サポート事業開始
     
    ※『個の力を身に付けて老後も稼ぎ続ける』をテーマに情報発信しています。
     
    趣味:波乗り、ラーメン食べ歩き
     
    好きな食べ物:肉、ラーメン、白子ポン酢、鰻の肝、八目鰻
     
    好きなミュージシャン:ジャックジョンソン, MXPX
     
    好きな旅先:ハワイ
     
      hfkMxkT0_400x400
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る