• Amazonが海外Amazonとのアカウント紐付けを認めた!?

    • Amazonが海外Amazonとのアカウント紐付けを認めた!? はコメントを受け付けていません。

    この記事は3分で読めます

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone

    意識改革だろ〜

     

    最近改めてすごく感じるけどモデリングがしっかりできる人って成長がやっぱり早い。

     

     

    成長が遅い人の特徴は

     

     

     

    ・教えても違う事をやりだす。

     

    ・同じ過ちを2回繰り返す。

     

    ・同じ質問を2回する。

     

     

    どうですかね!?

     

     

    これはあくまで個人的意見ですが結構あたっている気がする。

     

     

     

    サラリーマンでも同じ。

     

     

     

     

    この差ってかなり大きいよね。

     

     

    「意識」すればできる事なんだけどね。

     

     

     

    ってことは「意識改革」すれば人は変われるって事です。

     

     

     

    さて本題。

     

     

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

     

     

     

    LINE@でも有益な情報を日刊配信中!

    111

    登録はこちらから

    ↓↓↓

    スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから登録!

    → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索を!

    ※LINE@でメッセージのやり取りができます。

     

     

     

     

     

     

    Amazonが海外Amazonとの紐付けを認めた!?

     

     

    今回はちょっと面白い事があったのでシェアします。

     

     

    僕は国内、欧米。欧州にアカウントを複数持っているんです。

     

     

    Amazonアカウント停止で一番厄介な内容って何だかわかります!?

     

     

    一番厄介なのは「複数アカウントの紐付け」が理由のアカウント停止です。

     

     

     

    これね。復活させるのはかなり大変です。

     

    で、今回の内容は国内と海外にアカウントを持っている人はよく聞いて欲しい内容です。

     

     

    最近は国内Amazonでアカウント停止祭りがありました。

     

     

    僕も1つのサブアカウントが停止しましたW

     

     

    で、理由が「他アカウントとの紐付け」が理由のアカウント停止!

     

     

    がび〜ん!

     

     

    一番やっかいな奴です。

     

     

    でも、どのアカウントとの紐付けされたかはAmazonは教えてくれません。

     

     

    僕の場合は複数持っているのでどのアカウントと紐付けられたかがわからない。

     

    ましてやこっちからAmazonへ「このアカウントとの紐付けですか?」って事を聞いたら余計に被害は拡大するW

     

     

    で、僕がとった行動がこれ。

     

     

    完全に開き直る。

     

    どういう事かというと、完全に白を切って「僕はこのアカウントしか持っていません」って言ってみました。

     

     

    そしたらAmazonから興味深い回答がきました。

     

    それがこちら。

    ↓↓↓


    お客様は本出品アカウントのみをお持ちであるとのことですが、当サイトでは、Amazonの海外のサイトにおける活動を含め、アカウント間の関連性を総合的に調査しております。 

    その結果こちらのアカウントは、規約違反で閉鎖したアカウントと関連性があると判断しましたため、同様に閉鎖をさせていただいております。


     

     

    お〜、なんとAmazonが海外Amazonアカウントとの紐付けを認めているではないかW

    セラーの中では暗黙の了解で国内と海外は紐付いている事は知っていますが、Amazonがあえて言ってくるのは結構レアな気がします。

     

    こないだカナダのアカウントでちょっとしたテストをしたんですが、見事にサスペンドになりました。

     

    このあたりの理由は話すとながくなるのでまた今度機会があれば話ますが、カナダのアカウントが復活したので、国内Amazonへ報告しました。

     

     

    その結果、無事に国内アカウントが復活しました。

     

     

    これでまた僕の引き出しがまた増えました。

     

     

    失敗って楽しいですね!

     

     

     

    ちなみにですがこれから海外Amazonのアカウントを持とうとする人はMACアドレス、IPアドレス、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカードは別のモノで登録した方がいいですよ。

     

     

    紐付けされる可能性が激減します。

     

     

    前回の記事はこちら

    プライドは己の進化を妨げる!?

     

     

    リスクゼロで資金20万以上をつくる情報を無料プレゼント

    (毎月更新のリストを発行中)

    今月分は50万円分以上のリスト情報です。

    ※自己アフィリは1度きりではありません。

    毎月新規案件が更新されていきます。

    最新自己アフィリエイトリスト&自己アフィリエイトマニュアル

    → プレゼントを受け取る

     

     

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone
    • 2017 03.01
    • Amazonが海外Amazonとのアカウント紐付けを認めた!? はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 8
    1
    %e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
    友だち追加数 http://line.me/ti/p/@cjm7335q PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!

    プロフィール詳細

    ■□■ 主 な 経 歴 ■□■
     
     
    2013年 海外ネット通販を副業で開始。
        (ebay、Amazon)
    2013年 開始7ヶ月後に月収100万円を達成。
     
    2015年  販路拡大開始。
        (中国輸入・国内転売・海外ネットショップ) 
    2015年 情報発信開始
     
    2016年 物販コンテンツ販売開始
     
    2016年 物販アドバイザーとして日本各地を     まわる(企業&個人対応)
         
    2016年 超少人数制ゼミナーを開始。
     
    2016年 生産者サポート事業開始
     
    2017年 「小ヤジのシークレット道」始動
     
    ※『個の力を身に付けて老後も稼ぎ続ける』をテーマに情報発信しています。
     
    趣味:波乗り、ラーメン食べ歩き
     
    好きな食べ物:肉、ラーメン、白子ポン酢、鰻の肝、八目鰻
     
    好きなミュージシャン:ジャックジョンソン, MXPX
     
    好きな旅先:ハワイ
     
      hfkMxkT0_400x400
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る