• 輸出・輸入セラーがゾクゾクと国内転売を取り入れているワケ

    • 輸出・輸入セラーがゾクゾクと国内転売を取り入れているワケ はコメントを受け付けていません。

    この記事は2分で読めます

    おれんじ-crop

     

    昨日の「中古転売で驚愕の利益率40%超え!」の記事はやはりいつもより読者さんの反応が良かった。

     

    カメラ転売をしている読者さんからは、「カメラ転売より効率が良くて利益率があそこまで高いとカメラ転売をやってて虚しくなります」といった連絡まで頂いた程。

     

     

    うん、うん、国内転売の魅力を伝えるコトができたみたいでマジでうれしい。

     

     

    やっぱり「利益率が高い」ってキーワードには人は敏感に反応する。

     

    それだけ多くの人が「利益率が低い」コトに悩んでいるんだと思う。

     

     

    国内転売であそこまで利益率が高いとさすがに輸入、輸出やっているセラーは嫌になるだろうね。

    国内転売の魅力に気がついて国内転売を取り入れる輸出、輸入セラーは多い。

     

    「輸出×国内転売」「輸入×国内転売」の組み合わせはリスクヘッジにもなるのでおすすめだ。

     

    輸出、輸入でなかなか結果がだせないセラーも、国内転売に思い切って切り替えて稼ごだしているセラーも多い。

     

    とくに中古市場はアツいですね。

     

    船原さんが今日「黒船襲来の予感」っていうすばらしい記事を書いていましたが、これは僕もビンビン感じています。

     

    国内中古転売ってこの「黒船襲来」の影響をほとんど受けない市場だな〜って個人的には思っています。

     

    普通の考えて外国人が日本で中古品を仕入れて日本で販売ってあまりしませんよね。

     

    やるとしたら日本で中古品を仕入れて母国で販売するスタイル。

     

     

    つまり黒船の影響を受けない安定して市場ってことです。

     

    海外でも日本の中古品は品質が良いコトで有名です。

     

    海外の中古品っていうと、マジでボロボロ。

    日本の中古品をイメージして仕入れると痛い目にあいますW

     

    中古品への基準値が違うワケです。

     

    日本は良質な中古品がたくさん眠っている宝の山。

     

     

    「国内転売×中古」の組み合わせはかなり面白い。

     

    弱者が戦いやすい市場でもあります。

     

     

    是非参考にしてみてください。

     

     

    昨日の記事をまだ見ていない方はこちらからどうぞ!

     

    「中古転売で驚愕の利益率40%超え!」

     

    おれんじ-crop

     

     

    1

     

    • 2016 07.28
    • 輸出・輸入セラーがゾクゾクと国内転売を取り入れているワケ はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。