• 中古品を扱うならば古物商免許は必要!?

    この記事は2分で読めます

     

     

    ●あなたは本当に大丈夫!?

    最近、日本製の中古品が国内外で儲かるとのことでいろいろ情報発信を良く目に

    しますが古物商について触れているものがほとんどありません。

     

    おいおい、マジで大丈夫かって心配しちゃいますW

     

    大丈夫なのか!?

    いや、モチダメでしょ!


    中古品扱う際に絶対に古物商が必要って訳ではありません。

    でもあまりに古物商について知らない人が多すぎて怖い・・・

     

    情報発信者が古物商についてあまり詳細を知らないケースも結構あったりしてマジで恐ろしいです。

     

    まず、どのビジネスでもそうですが必ず着手する前にリスク、コンプライアンスなどについては絶対に自分で

    調べて確認するべきです。

     

    これ、意外とできていない人が多い・・・

    着手した時点で遊びではないので、気を引き締めてしっかり取り組んでいきましょう。

     

    自分は自分で守るクセってのをつけましょうね!

    でないと、一発で飛ぶ可能性があります。

     

    周りがやっているから大丈夫でしょっ・・・って、

    おいおい!!

     

    この考えはダメ、ダメ。

     

    今回はいい機会なので古物商免許がj必要なケース、必要でないケースをお伝えしますので

    確認してくださいね~!!

     

    ●古物商許可が必要

    ・ 古物を買い取って売る。 こちらへ 古物商許可が必要です。
    ・ 古物を買い取って修理等して売る。
    ・ 古物を買い取って使える部品等を売る。
    ・ 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
    ・ 古物を別の物と交換する。
    ・ 古物を買い取ってレンタルする。
    ・ 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
    ・ これらをネット上で行う。

     

    ●古物商許可が必要ない
    ・ 自分の物を売る。
    自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物のこと。
    最初から転売目的で購入した物は含まれません。 こちらへ 古物商許可は必要ありません。
    ・ 自分の物をオークションサイトに出品する。
    ・ 無償でもらった物を売る。
    ・ 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
    ・ 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
    ・ 自分が海外で買ってきたものを売る。
    他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まれません。

    ・ 古物商間で古物の売買、交換のための市場を主催する。 ⇒ 古物市場主(いちばぬし)許可が必要です。
    ・ 誰でも利用できるフリーマーケットを主催する。 ⇒ 古物市場主許可は必要ありません。
    ・ インターネット上でオークションサイトを運営する。⇒ 古物競りあっせん業の届出が必要です。

    ※警視庁HP参照

     

    世の中知らなかっただけでは通用しませんから攻守のバランスをしっかりとっていきましょう。

    Amazon、ebay輸出でアメリカ輸出をしている方、アメリカは訴訟大国です。

    そのあたりのリスク管理はできていますか!?

    ではまた!

     

    国内転売の基礎シリーズはこちらどうぞ

     

     

     55   8

     

    • 2014 12.12
    • 中古品を扱うならば古物商免許は必要!? はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。