• ユーロ2016(欧州サッカー選手権)で感じた「世界との差」と「意識改革の必要性」

    • ユーロ2016(欧州サッカー選手権)で感じた「世界との差」と「意識改革の必要性」 はコメントを受け付けていません。

    この記事は3分で読めます

    1

    今日は物販の話はなしでサッカーネタオンリーなので、興味ない人はスルーしてくださいW

    たまにはこういうのもありだと思うのでお許しください。

     

     

    Wカップよりレベルが高いと言われている欧州サッカー選手権、あなたは見てますか!?

     

    欧州サッカー選手権を見ていて日本代表と違い勝手に分析してみた。

    世界レベルのサッカーを知ることはすごく大事、世界の基準値を知るってことですね。

     

     

    さて、早速ですが僕が大きく差を感じた項目を5つあげてみました。

    他にも細かいことをあげればキリがないので、このあたりにしておきます。

     

     

    ・1対1を仕掛ける数

    ・球際の競り合い

    ・サイドチェンジの数

    ・シュートレンジの違い

    ・クサビの数

     

     

    では1つ1つみていきましょう。

     


    ★ 知識ゼロでほったらかしで稼げる!?う〜ん、怪しい。

    とりあえず2回目までの動画が公開されたけど内容はまだ未公開って感じ。

    どうなるんだろ〜。

    → http://bit.ly/1UhX77a

     

     

     

    ■ 大好評 LINE@でネット物販無料相談受付中

    友だち追加数

    LINE@限定でゲリラ的に無料スカイプ相談も開催しています。 スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから登録をお願いします! → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!

     

     

    ★いつも応援クリックありがとうございます!

    にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

    にほんブログ


    1

     

     

     

    1対1を仕掛ける数

    これは特にサイドアタッカーに言えることですね。

    日本代表の場合はパスを受けてもワンツーで崩そうとしたり、横パスで逃げたり、アーリークロスするケースが多々目に付く。

    チャンスをつくるにはもっとドリブルでガンガン仕掛けていく必要がある。

    欧州国のサイドアタッカーはヤバイ位ガンガン仕掛けにいく。

    見ている方もすごく興奮して楽しい。

     

     

     

    球際の競り合い

    球際の迫力が違いますね。

    何が何でもマイボールにしてやろうという気持ちが違います。

    この球際のボールをマイボールにする確率を上げる事でゲームを支配できる確率はグ~ンっと上がります。

     

    当然、勝利する確率も上がりますね。

    日本代表はここが弱い。

    フィジカルも弱い。

    マニアックな部分ですがマジで大事です。

     

     

     

    サイドチェンジの数

    相手を揺さぶってスペースをつくるにはやっぱりサイドチェンジは必要。

    まずはサイドチェンジの数が日本代表の場合は圧倒的に少ない。

    サイトチェンジするには視野の広さとパスのクオリティが求められる。

     

    今回の大会でサイドチェンジに対して目立つプレーをしているのはイングランドのルーニー。

    元々点取り屋だったのに、ボランチのポジションに入ってすばらしいパスを供給してチームのリズムをつくっていますね。

    あんな才能まで持っているとは、ルーニー恐るべしですな。

     

    更に突っ込むと、トップレベルの国のサイドチェンジはサイドからサイドへ一気にサイドチェンジして相手DFを置き去りにします。

    一方日本代表の場合はサイドからボランチを経由して逆サイドへとサイドチェンジします。

    このサイドチェンジ方法だと、相手DFはポジションを修正できてしまうので効果は薄いんですよね~。

     

     

     

    シュートレンジの違い

    ここも大きな違いがありますね~。

    強豪国はペナルティエリア外からガンガン強烈なシュートを打ってきます。

    しかも、ゴール枠にいく確率が高い。

     

    これがどんな効果をもたらすのか!?

    それは、ロングシュートが怖いので相手DFがプレスをかけに来るわけです。

    そうするとゴール前にスペースができるのでチャンスがうまれやすくなります。

    引いている相手には有効です。

     

    ロングシュートでゴールを決めれことができる選手が日本代表には見当たらない。

    得点力が高いボランチが欲しいな~。

     

     

    クサビの数

    クサビとはわかりうやすく言うとFWへ縦パスを入れことです。

    これ、DFにとってはすごく嫌なんです。

     

    なぜかというと、DFが相手FWへ引っ張られるにでゴール前にスペースができてしまうんです。

    日本代表の場合はクサビの数がマジで少ない。

    キープ力あるFWがいないのも原因ですね。

     

     

     

     

    ざっくりと個人的見解で日本代表に欠けているモノをかいてみましたがいかがでしたでしょうか!?

     

    これらはすぐに改善することが可能です。

     

    それはなんだと思います!?

     

    それは「意識改革」です。

     

    日本代表の選手は技術はある、でもそれを活かすことができていない。

     

    今日本代表に必要なのは「個の力より意識改革 」だ。

     

     

     

     

    もっと個々に積極性を持ってプレイして欲しいと願っています。

     

    それにしても先日のイングランドとウェールズの試合はすごい迫力だったな~。

     

     

     


    ◆知識スキル一切不要

    ◆作業時間は1ヶ月に1回

    ◆1回の作業は30分程度

    ◆初月から報酬が発生

    ◆ノーリスク

    ◆自動でお金を生み出すシステム

    というまさに究極のビジネスらしい〜。

    知識ゼロでほったらかしで稼げる!?う〜ん、怪しい。

    とりあえず2回目までの動画が公開されたけど内容はまだ未公開って感じ。さて、どうなるんだろ〜。

     

    → http://bit.ly/1UhX77a

     

     

    PS

    大阪には今週木~月曜日までいますので、よかったら連絡ください。

    お茶でもしましょう。

     

     

     

    1

     

     


     

    • 2016 06.21
    • ユーロ2016(欧州サッカー選手権)で感じた「世界との差」と「意識改革の必要性」 はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 8
    1
    %e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

    プロフィール詳細

    ■□■ 主 な 経 歴 ■□■
     
     
    2013年 海外ネット通販を副業で開始。
        (ebay、Amazon)
    2013年 開始7ヶ月後に月収100万円を達成。
     
    2015年  販路拡大開始。
        (中国輸入・国内転売・海外ネットショップ) 
    2015年 情報発信開始
     
    2016年 物販コンテンツ販売開始
     
    2016年 物販アドバイザーとして日本各地を     まわる(企業&個人対応)
         
    2016年 超少人数制ゼミナーを開始。
     
    2016年 生産者サポート事業開始
     
    2017年 「小ヤジのシークレット道」始動
     
    ※『個の力を身に付けて老後も稼ぎ続ける』をテーマに情報発信しています。
     
    趣味:波乗り、ラーメン食べ歩き
     
    好きな食べ物:肉、ラーメン、白子ポン酢、鰻の肝、八目鰻
     
    好きなミュージシャン:ジャックジョンソン, MXPX
     
    好きな旅先:ハワイ
     
      hfkMxkT0_400x400
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る