• コンサル生が100万達成した理由を考える

    この記事は3分で読めます

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone

    おれんじ-crop

     

    先日のテレ東番組「FOOT×BRAIN」では本田圭佑選手がゲストでした。

     

    番組の中で本田選手が興味深い事を口にしていました。

     

    「日本の選手はセカンドキャリアについて何も努力していない。代表選手ですら何もしていない」と。

     

     

     

    セカンドキャリア問題はJリーグに限らず、どのスポーツでも大きな問題だと思います。

     

     

    そうなると日本全体の問題ですね。

     

     

    まずは環境づくりかな・・・

     

    先日本田選手は安倍首相に直談判してサッカー教育についての「想い」を伝えていましたね。

     

    行動力、半端ないですね。

     

     

    僕が安倍首相に直談判したところで当然相手にはしてもらえません。

     

    そうする為にはやはり「圧倒的影響力」がある人間にならないと難しいですね。

     

     

    僕はここを目指していませんが・・・

     

     

    ここでは僕はあえて「難しい」と表現しました。

    「無理」とはいいません。

     

    可能性はゼロではないのでね。

     

    僕は「無理」という言葉が好きではありません。

     

     

    人って不思議で、そういうマイナスな言葉を発していると行動、結果が全てマイナスに向かいます。

    「言魂」ってやつです。

     

     

    あなたも是非意識してプラスな言葉を選択していきましょう。

     

    では本題。

     

     

    1

     


    ■大好評 LINE@で無料相談受付中

    111
    LINE@限定でゲリラ的に無料スカイプ相談も開催しています。 スマホから今アクセスしている方はこちらのリンクから登録をお願いします! → http://line.me/ti/p/@cjm7335q

    PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!


    コンサル生が100万達成したワケを考える

     

    僕の教え子が先月に月収100万を達成しそうだと報告がありました。

     

    うれしいですね〜。

     

    コンサル前は月収10〜15万位だったので10倍近くまで伸びました。

     

    内容的にまだまだ伸びます。

     

     

    副業で100万はすばらしいです。

     

     

     

     

     

    この方、教え子と言っても僕より年上で物販歴も僕より長いんです。

     

    普通、こういうケースの場合ってなかなか結果を出すが難しいです。

     

     

    それはナゼだと思います。

     

    答えは「プライド」が邪魔するんです。

     

    「オレのが年上」

    「オレのが物販歴がながい」

     

    この意識が心のどこかにあると聞く耳をもたない人が本当に多い。

     

     

    でもこの方は違います。

     

     

    何がすごいかって、「めちゃくちゃ素直」なんです。

     

     

    僕がびっくりする位に素直。

    だから吸収力がすごい!

     

    以前に「なんでそんなに素直なんですか」って聞いたことがあります。

     

    そしたら、「教えてもらっているので、それを信じてやるだけです」と。

     

     

    これ、当たり前と言えば当たり前なんですが、実はできない人が圧倒的に多いんです。

     

    いつの間に教えていない事を報告なし、相談なしで始めていたり、他の人のアドバイスを重視していたり。

     

    僕からすると謎の行動です。

     

     

    「ネットビジネスの成長曲線は2次関数」って話は聞いたことがあると思います。

     

    途中まではなかなか売上があがらず、ある時から爆発します。

     

    多くの人は爆発する前に諦めてやめてしまう。

    そして、また違う事に手をだしてまた次へ。

     

    負のスパイラルへ突入です。

     

     

    この方も途中、売上を落とすことがありました。

    でもね、そこで諦めずに言われた事をしっかりと実践しつづけてくれた。

     

    ここは本当に大きい。

    いろいとな要素で売上が一時的に下がる事だって当然でてきます。

     

    でもここで「継続」するという選択がとれるかどうかはマジで大事。

     

     

    このコンサル生が100万稼いだ理由をちょっと考えてみました。

    そしたら意外とシンプルな理由である事がわかりました。

     

     

    ・レスポンスが早い

     

    ・素直

     

    ・言われた事は必ず100%実践して報告をくれる

    ※言われた内容を100%やるってことが大事です。

    80%では意味がありません。

     

    ・毎日状況報告

     

    ・何か行動する前は必ず相談

     

    ・うまくいかない事があれば、1人で悩まずすぐにスカイプ相談

     

     

     

     

    いかがでしたか!?

    すごくシンプルですよね。

     

    僕もこの方から「学ぶ姿勢」については多くの事に気付かされ学ばさせて頂いています。

     

     

    ちなみにリスクヘッジもバッチシです。

    プラットフォーム×ネットショップ(2個)

     

     

     

     

    近々音声対談をとって、100万までの過程を聞いたみたいと思いますので楽しみにしていてください。

     

     

    何事も素直に継続していきましょう。

     

     

    1

     

    It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrBuffer this pageShare on YummlyPin on PinterestEmail this to someone
    • 2016 08.02
    • コンサル生が100万達成した理由を考える はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    関連記事

    コメントは利用できません。
  • 8
    1
    %e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
    友だち追加数 http://line.me/ti/p/@cjm7335q PCの方は「@cjm7335q」で検索をお願いします!

    プロフィール詳細

    ■□■ 主 な 経 歴 ■□■
     
     
    2013年 海外ネット通販を副業で開始。
        (ebay、Amazon)
    2013年 開始7ヶ月後に月収100万円を達成。
     
    2015年  販路拡大開始。
        (中国輸入・国内転売・海外ネットショップ) 
    2015年 情報発信開始
     
    2016年 物販コンテンツ販売開始
     
    2016年 物販アドバイザーとして日本各地を     まわる(企業&個人対応)
         
    2016年 超少人数制ゼミナーを開始。
     
    2016年 生産者サポート事業開始
     
    2017年 「小ヤジのシークレット道」始動
     
    ※『個の力を身に付けて老後も稼ぎ続ける』をテーマに情報発信しています。
     
    趣味:波乗り、ラーメン食べ歩き
     
    好きな食べ物:肉、ラーメン、白子ポン酢、鰻の肝、八目鰻
     
    好きなミュージシャン:ジャックジョンソン, MXPX
     
    好きな旅先:ハワイ
     
      hfkMxkT0_400x400
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る